たま電気自動車株式会社

EC008_L
たま電気自動車株式会社の前身は、戦前の航空機メーカーの立川飛行機である。
立川飛行機は軍用機を生産し、その下請けのひとつに高速機関工業を擁していた。
高速機関は、大正時代から自動車を独力で開発していた太田祐雄氏の興した太田自動車製作所が発展したもので、戦前の玉川河川敷で行われた自動車レースで活躍した単座レーシングカー、
オオタ号などで有名である。この高速機関は戦争の激化とともに立川飛行機の傘下に入っていた。
しかし、敗戦にともなって高速機関はトラックのオオタ号の制作を開始し、立川飛行機の工場の片隅でそのボディを組み立てはじめた。
これに立川飛行機の技術メンバーが加わって白動車の開発・生産を行うことになり、まず電気自動車の生産を開始することにした。
終戦当時はガソリンの入手が難しかったためにより実用的なクルマとして電気自動車を開発することになり、47年にETI47型が完成している。
会社は47年当時は東京電気自動車、そして49年にはたま電気自動車に改称している。
当時のガソリン不足の時代には電気自動車は好評で相当普及したが、50年に始まった朝鮮戦争でバッテリーの価格が高騰。
これによって電気自動車の時代は終わりを告げ、ガソリン自動車への転換が求められることになった。
航空機エンジニアによって開発されたこの時代の電気自動車は、最高速55km/h、航続距離は1回の充電で200kmであった。
車が余っているならこちら→中古車 高く売る まずはご覧ください。
たま電気自動車のエンジニアは、新たにガソリンエンジン自動車を開発するため旧中島飛行機の富士精密に乗用車エンジンの開発を依頼し、けっきょくクルマを共同開発することになった。
これがプリンス、スカイラインヘという系譜をたどることになる。プリンス自動車のレース活動の総括責任者の田中次郎も旧立川飛行機の出身の航空機エンジニアである。

WordPress Themes